知床ってどんなところ!?世界遺産登録の訳とクルーズ船紹介!

日本の世界遺産は23件あります。

その中でも4つしかない自然遺産の一つ、
北海道「知床」をご紹介していきます。

この記事では、以下の3点についてお伝えしていきます。

・世界遺産「知床」とは?
・世界遺産に登録された理由
・知床世界遺産センターについて
・観光船、世界遺産クルーズ5つ紹介

知床を知り、
知床の扱い方を知り、
知床に行く!

それでは解説していきましょう。

知床ってどんなところ?

世界遺産「知床」は、
北海道東部に位置する、

長さ約70km、横幅約25km
小さな半島を指します。

北海道の上の方にある島、
寒そうでクマとか動物いっぱいいる所

という印象が強いかもしれません。

実際は知床半島は北海道に繋がっている半島ですし、

その知床の海から始まる食物連鎖により、
プランクトン、サケ、トド、エゾシカ、ヒグマ
シマフクロウ、オオワシ等様々な動物が生息しています。

面白そうですよね。

世界遺産「知床」は2005年、
第29回ユネスコ世界遺産委員会で
世界遺産に認定されました。

主に、農業や観光業が盛んな、
上側のウトロ側
主にビートや小麦の生産が盛んです。

半島居住者は約1万2千人に対し、
ウトロには年間120万人の観光客が訪れ、
とても人気の観光地として栄えています。

一方漁業が盛んな、
下側の羅臼(ラウス)側では、
鮭や帆立が多く獲れます。

知床半島は
この2つの地区に区分されます。

北海道のここの部分です↓↓

世界遺産に登録された理由

知床が世界遺産に登録された理由としては、
二つあります。

1,食物連鎖による生態系の進化
2,絶滅危惧種を保護する自然環境

この二つが評価され、

世界遺産の仲間入りを果たしました。

世界遺産登録理由を具体的に
見ていきましょう。

1,食物連鎖による生態系の進化

知床の見どころの1つでもある
数多くの動物達ですが、

その動物達は食物連鎖により、
生まれました。

ロシアのアムール川から淡水が
知床半島まで流氷となり流れつき

春になってその凍った氷が溶け、
淡水の中にいた大量のプランクトンが活動し、
小魚の餌になります。

その小魚も大きめな魚達の餌になります。
その魚をキタキツネヒグマが食べます。

この超自然的な環境で、
食物連鎖が生まれ、

知床の生態系は成り立っているのです。

2,絶滅危惧種を保護する自然環境

知床には多くの絶滅危惧種が存在します。
シマフクロウオジロワシオオワシがそうです。

それらの動物に加え、
生息密度世界一のヒグマ

日本ではあまり見られない、
トドやゴマフアザラシも生息しています。

知床にしかない生物の多様性が
世界遺産登録理由の二つ目なのです。

登録基準はコチラ↓↓

(ix)
陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や動植物群集の進化、発展において、重要な進行中の生態学的過程又は生物学的過程を代表する顕著な見本である。
(x)
学術上又は保全上顕著な普遍的価値を有する絶滅のおそれのある種の生息地など、生物多様性の生息域内保全にとって最も重要な自然の生息地を包含する

日本ユネスコ協会連盟ホームページ 引用

知床世界遺産センター

知床の世界遺産センターは、
ウトロ側にあります。

世界遺産である知床の
見どころや、

等身大の動物の模型等が
展示されています。

知床はヒグマの生息密度が
世界一高いと言われているので、

熊に遭遇した時のマナーや
解決法等も学ぶことができます。

私
知床には約500頭のヒグマがいるらしい…巨大な熊に遭遇したらおわりだ💦
ジェイ
ジェイ
そんなことない!対処法さえ抑えれば、無事だよ!

入館無料で、開館時間も季節によって
異なるので、チェックしていくようにしましょう。

開館時間
8:30~17:30(4/30~10/20)
9:00~16:30(10/21~4/29)

休館日
10/21~4/19の毎週火曜日
年末年始(12/29~1/3)

知床世界遺産センター

知床世界遺産クルーズ

知床の観光業はとても盛んです。
その中でも、ウトロ港から出る、
小型船で世界遺産を堪能できる

世界遺産観光クルーズがあり、
そのコース3つクルーズ船5社を紹介します!

3コース

①知床岬コース(3時間)
知床半島の突端までの大自然を満喫できる
最長コース

②ヒグマウォッチングコース(2時間)
ヒグマのメッカルシャ海岸で
ヒグマ満喫コース

③硫黄山コース(1時間)
神様の水「カムイワッカの滝」を見る
最短コース

※クルーズによってコースの時間が
若干違います。

5クルーズ

知床観光船
2020/6/1から運航再開
①6,800円
③3,300円

知床クルーザードルフィン(1隻)
2020/7/1から運航再開
①8,800円
②6,000円
③3,500円

知床世界遺産クルーズFox(1隻)
見合わせ中
①8,800円

ゴジラ岩観光(3隻)
2020/6/1から運航再開
①8,800円
②6,000円
③3,500円

知床遊覧船(2隻)
2020/6/1から運航再開
①8,800円
②6,000円
③3,500円

車では半島の半分までしか行けない
知床半島、クルーズ船で秘境を見るのは
堪らないものです。

そしてクルーズ船上の寒さは
舐めてはいけません。

このくらい寒くないと地上で
感じても船に乗るとやばい寒い!
となってしまいます。

防寒対策は忘れずに準備し、
しっかり備えましょう。

まとめ

世界遺産知床はどうだったでしょうか。
・知床の生態
・世界遺産になった理由
・世界遺産観光クルーズ船
を解説しました。

知床半島は観光地されていますが、
甘く見てはいけません。

最近の知床のヒグマは以前より
人間に近づいてくるようになりました。

クマ対策、寒さ対策等、
知床世界遺産センターに行き、
最善の対策をしていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。