PYLOSとは?遊び方紹介記事

新潟県にあるゲストハウスくくの店主の
JPこと櫻井です。
ゲストハウスくく

今回は店内にある20種類以上のボードゲーム
の中の「PYLOS」について紹介していきます。

この記事でわかること・PYLOSとは
・遊び方

PYLOSとは

PYLOS(ピロス)は30個の丸い玉を16個のマスに
交互に置いていき、最後にピラミッドの頂点に
玉を置いた方が勝ちというゲームです。

イギリスのエンジニアDavidさんが考案し、
フランスのギガミック社から発売されたゲームです。

対象人数  : 2人
プレイ時間 : 10~20分
対象年齢  : 8歳
発売    : 1994年
考案者   : David G.Royffe
会社    : ギガミック

シリーズ化されており、PYLOS(ピロス)の他にも、

・quoridor(コリドール)
・quixo(クイキシオ)
・qurto(クアルト)

など、ギガミック社
多くの木製ボードゲームを考案しています。

遊び方

ルール・15個ずつの2色の玉を交互に並べていく
・ピラミッド状に置いていき、頂点に置いた色の人が勝ち
・玉が四角状に置かれたら上に玉を置ける(配置済みorストック両方可能)
・同じ色の四角状ができれば、その色の人は1つか2つをストックに戻せる

ルール説明動画↓↓

まとめ

ゲストハウスのボードゲーム紹介記事
今回は「PYLOS(ピロス)」について
紹介しました。

みなさんも楽しんでボードゲームしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。