ひたすら過去問を解け!2週間で簡単に合格できる!世界遺産検定3級合格勉強法公開

世界遺産に魅了され、
世界遺産に興味を持ち始めて間もなく、
最近世界遺産検定という存在を知って、
受けてみたいと思っているあなた。

でも検定っていうくらいだから
結構勉強しないといけないのか
と思っている多忙のサラリーマンの方、朗報です。

世界遺産検定は2週間で余裕で合格できます。

どうやって2週間で合格するかの
ノウハウを全て教えますので、

この記事を見て、
是非世界遺産検定3級をとってみて下さい。
営業のネタにも使えますよ。

私は2018年に世界遺産検定3級を取得しました。↓↓

3流大学卒の私でも
実際に2週間の勉強で合格したので、
経験談として読んで頂ければ、絶対合格可能です。

ひたすら過去問を解け

勉強法はコレに尽きます。
ひたすら過去問を解く。

世界遺産検定3級用のテキストと、
問題集がありますので、まず購入しましょう。

トータルで3,000円で購入できます。

2020年版最新テキスト↓↓

2020版最新問題集(過去問付き)↓↓

まず覚えておいて欲しいのは、
世界遺産検定3級というのは、
とても簡単という事です。

全てマークシート式の60問を
50分の試験時間で解くという流れです。
そしてなんと言っても合格率の高さ。

世界遺産検定3級の合格率は80%程度
と言われていますので、
落ちたら逆に恥ずかしいレベルです。

その20%に入らない様にしっかり合格のコツを掴んでおきましょう。

試験までの流れ

1第42回検定 2020年12月13日(日)の申し込みをする(4,500円)コチラから申し込みをする8/28~10/23まで応募可能です。
※開催都市が限られていますので、最寄りの開催地はしっかりチェックしておきましょう。
2テキスト・問題集を購入する。上記より最新版を購入しましょう。
312月に入ったら勉強を始める。平日時間を取れない忙しい方は、
うまく土日を使って
合計で2週間の時間を取れる様に計画しましょう。
※1日1時間~2時間で問題ありません。
4試験に臨む体調を整えていきましょう。

出題形式

世界遺産検定3級の出題形式基礎知識   25%
日本の遺産  30%
世界の遺産  40%
その他     5%
出題範囲
日本の世界遺産全てと世界の世界遺産100件

大体60%ほどを取れば合格ラインにいきます。

世界遺産検定のホームページに
出題例がありますので、
チェックしておくのもありだと思います。↓↓

【3級】概要と例題・対策

・日本の世界遺産は現在23件
・世界遺産の総数は1121件

日本に世界遺産を網羅し、基礎知識を抑えておけば、
55%は取れるので、あと5%を他で補えば最悪合格は可能です。

2週間で簡単に合格できる勉強方法

2週間で合格した私の勉強方法はコチラ↓

1日~3日テキストをざっと流し読みする
4日~6日問題集には2,3回分の過去問が載っていますのでそれを解く
7日~10日同じことを繰り返す
11日~13日日本の世界遺産と基礎知識を重点的にやる
14日最近の世界遺産の時事をネットで頭に入れておく

コチラのサイトは世界遺産の時事問題を
詳しく載せているのでおすすめです。↓↓

世界遺産関連ニュース

時事問題は、世界遺産委員会はどこで行われたとか、
次の世界遺産委員会はどこで行われるか、
現在の日本の世界遺産暫定リストなんかが出題されます。

2020年 世界遺産委員会開催予定は
中国福建省福州市で開催予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響で延期し、
延期の日程は未定。

現在の日本の世界遺産暫定リスト
1、武家の古都・鎌倉(神奈川)
2、彦根城(滋賀)
3、飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群(奈良)
4、北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森、秋田、岩手)
5、金を中心とする佐渡鉱山の遺跡群(新潟)
6、平泉一仏国土[浄土]を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-拡張登録(岩手)
7、奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(鹿児島、沖縄)

日本の23件の世界遺産情報を得るにはコチラ↓↓
Jun-payblog

過去問は2,3回繰り返す程度勉強しました。
ここまでやれば、合格ラインには余裕で届きます。

全てマークシート形式の試験なので、
しっかり覚えてなくても、
あ、コレだという問題も多々あります。

あとは試験に備えて体調を整えましょう。
これであなたも世界遺産検定保持者です。

まとめ

世界遺産検定は4級からマイスターまであります。
マイスターまで行くともう博士レベルです。

私は2級まで保持していますので、
現在1級の試験に備えて勉強中です。

流石に1級は2週間じゃ合格できませんので….

世界遺産に興味が湧いたのなら、
世界遺産検定受けてみるのは
絶対にオススメです。

知識がついて、
より世界遺産を楽しめるのは
間違いないでしょう。

2級までなら誰でも受けることができます。

1級を受けるには2級の検定を
保持している必要がありますが、

2級は誰でも受けられるので、
いきなり2級を取る!でもいいと思います。

ポイントひたすら過去問を解け
・世界遺産検定3級の最新版テキスト・
 問題集を購入しひたすら過去問を解く

試験までの流れ
 ・申し込み
 ・テキスト・問題集購入
 ・1日1~2時間を2週間勉強
 ・試験前日に時事問題を見る

出題形式
 ・全てマークシート式
 ・60問50分の試験
 ・日本遺産30% 基礎知識25% その他

2週間で簡単に合格できる勉強方法
 ・過去問をするだけ
 ・2週間の時間を確保すること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。