納豆キナーゼ血をサラサラにするのは本当だった!いつ?どのくらい?摂取したらいいのか詳しく解説!!

納豆は血をサラサラにして脳梗塞を予防する!!

そんなキャッチフレーズで昨今ブームになった納豆ダイエット。ナットウキナーゼという言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。胡散臭いテレビ番組やネット広告でナットウキナーゼの特集がある度に、本当かどうか信じられなくて効果も出なくってやめてしまった。という人は少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ナットウキナーゼがなぜ血をサラサラにするのか。そしてそのナットウキナーゼいつどのくらい摂取すると効果が得られるのかをお伝えします。さらに納豆に潜む悪い成分なんかもお伝えします。毎日1パック以上納豆を食べる私が詳しく解説します。納豆を食べ続けているうちに効果が現れた体験談も是非ご覧ください。

ナットウキナーゼは血をサラサラにするのは本当だった!!

納豆を食べると血液がサラサラになるのは本当かどうかわからない。と疑問符を浮かべている人になぜ納豆が血をサラサラにするのか、納豆がもたらす物理的な人体への影響についてわかりやすく説明します。

まず!

ナットウキナーゼは血をドロドロにする素を溶かす作用があります。

納豆キナーゼとは納豆のネバネバ成分に含有される酵素タンパク質の一種で、血の流れが悪くなり生じる血栓の素となるフィブリンを溶解する作用があります。1980年に須見洋行さんによって発見され、血栓の予防効果があり、経口摂取でもその効果が十分であることが研究結果により報告されています。

ナットウキナーゼによる血栓溶解作用についての研究

ナットウキナーゼの成分はどんな感じ??

ナットウキナーゼはタンパク質分解酵素と言われる酵素です。

納豆キナーゼ=タンパク質分解酵素

そのナットウキナーゼは血をサラサラにする酵素のプロウロキナーゼとプラスミノーゲンアクチベーターを活性化させたり増やしたりします。自分でも血をサラサラにするし、他の血をサラサラにする酵素も活性化させます。

ナットウキナーゼの働き(酵素の働き)

初め進化効果
プロウロキナーゼウロキナーゼ血栓溶解
プラスミノーゲンアクチベータープラスミン血栓溶解
ナットウキナーゼ・プロウロキナーゼの活性化
・プラスミノーゲンアクチベーター量を増やす
・血栓溶解活性の増強作用

ナットウキナーゼには血液凝固を促進するビタミンK2も含まれている?!

ナットウキナーゼには世界中の食品の中で最も多くビタミンK2が含まれています。そのビタミンK2は血液を凝固する成分が含まれています。….が、血液凝固を抑制する成分も含まれています。つまり、血液の流れを程よくするということです。なので、血液凝固を促進するビタミンK2は血液凝固も防ぐ力を持っている為、問題ないのであります。

納豆キナーゼはいつ?どのくらい摂取したら効果的?!

血栓は深夜から早朝にかけて出来やすい為、ナットウキナーゼは夕食後や寝る前に摂るのが良いとされています。夕食後や寝る前に納豆を食べるのはにおい的にもお腹的にもなんだか抵抗があるかもしれないので、昨今のナットウキナーゼブームで多くのナットウキナーゼを摂取するサプリメントが登場しています。納豆に含まれるビタミンK2の作用である血液凝固の成分はサプリメントには含まれていないことが多いので、おすすめです。

こんな感じのが薬局に売っているので、サラッと買えます。
ナットウキナーゼ↓↓

マツキヨにはこんなのも売っています!!
薬局へGO↓↓

日本人でよかった!!

日本人が世界一長寿な国なのは納豆のおかげ…..と言いたいところですが、その納豆などの食を産んだ「和食」のおかげと言えるでしょう。今は無形文化遺産に登録されている「和食」は一汁三菜で成り立っています。動物性と植物性の栄養成分が効率よく摂取でき、食品保存の過程から産まれた「発酵」という方法が今の日本の長寿を支えています。当然に納豆を食べる文化を与えられた日本だからこそ食べられるもので、海外の人はこのネバネバに耐えられないという方もいらっしゃるように日本人の舌に合う食事であることも日本人でよかったと思える要因の一つです。その納豆を食べる文化が根付く日本では、1日1パックを食べることによって死亡率が10%減るという研究結果も出ています。国内の成人男女9万人を15年間追跡調査した結果、納豆や味噌などの発酵性食品を多く摂取する人はそれらをあまり食べない人と比べて10%死亡率が下がるという調査結果が出ています。

納豆1日1パック、死亡率10%減 9万人を追跡調査

納豆体験談

納豆を1パック以上を3ヶ月以上続けている私が感じた3つの体の変化をお伝えします。

・痩せた

納豆をよく噛んで食べると結構な満腹感が得られます。1パックあたり脂質5g、炭水化物6g、タンパク質8.5g の他にもカルシウムやマグネシウムも豊富に含まれています。良質の成分を適度な量をよく噛んで食べることによって、他のものを食べる習慣が減りました。だから痩せました。

・疲れにくくなった

納豆のもたらす効果として、整腸効果と免疫力アップがあります。他の菌は届かないのに納豆菌は腸まで届き、整腸を促し体調を健全に保ってくれるのです。

・肌が綺麗になった

納豆に含まれるビタミンB群は、お肌の修復を手助けしてくれる作用があります。また、豊富なタンパク質は人間の体を作ります。髪や皮膚、筋肉等必要なものの力添えをしてくれるのです。

まとめ

納豆に含まれるナットウキナーゼは人体にとても有益なものだとわかりましたね。血をサラサラにして血栓を予防するだけではなく、他の菌の助けを行ったり、体調やお肌の具合まで良くしてしまう。こんな夢のような食品はないのではないでしょうか。そして安い!!お手軽に健康寿命を伸ばすことができるのが1番の幸せです。

新潟のドンキで3個×1セット39円で売っています。
(※地域によって異なります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。