明治日本の産業革命遺産「放棄された島軍艦島」

今回のテーマ
・明治日本の産業革命遺産の
 23つの構成資産
・軍艦島(端島)とは
・軍艦島の歴史
・軍艦島ツアーについて

今日は、これらをお伝えしていきます。

山口、福岡、佐賀、長崎、
熊本、鹿児島、岩手、静岡の
8県にまたがる文化遺産でありますが、

今回は世界一の人口密度を誇った炭鉱の街、
”軍艦島”をピックアップして
解説していきたいと思います。

私
島は…宝島だった….
と衝撃的なナレーションのCMで有名な軍艦島です!

昔の公共広告機構(AC)のCM↓↓

明治日本の産業革命遺産
製鉄・製鋼,造船,石炭産業

明治日本の産業革命遺産
製鉄・製鋼,造船,石炭産業は

2015年第39回世界遺産委員会で
世界文化遺産となりました。

日本の高度経済成長の起点となった、
炭鉱・鉄鋼業・造船業
関する世界遺産です。

資産は、8県にまたがる、
合計23箇所で構成されています。

23の構成資産はコチラ↓↓↓

23の構成資産の各名称所在地
萩反射炉山口県萩市
美須ケ鼻造船所山口県萩市
大板山たたら製鉄遺跡山口県萩市
萩城下町山口県萩市
松下村塾山口県萩市
旧集成館(旧集成館反射炉跡、旧集成館機械工場、旧鹿児島紡績所技師館)鹿児島県鹿児島市
寺山炭窯跡鹿児島県鹿児島市
関吉の疎水溝鹿児島県鹿児島市
韮山反射炉静岡県伊豆の国市
橋野鉄鉱山岩手県釜石市
三重津海軍所跡佐賀県佐賀市
小菅修船場跡長崎県長崎市
三菱長崎造船所第三船渠長崎県長崎市
三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン長崎県長崎市
三菱長崎造船所旧木型場長崎県長崎市
三菱長崎造船所占勝閣長崎県長崎市
高島炭鉱長崎県長崎市
端島炭鉱(軍艦島)長崎県長崎市
旧グラバー住宅長崎県長崎市
三池炭鉱・三池港(三池炭鉱宮原坑、三池炭鉱万田坑、三池炭鉱専用鉄道敷跡、三池港)福岡県大牟田市
三角西港熊本県宇城市
官営八幡製鉄所(八幡製鐵所旧本事務所*、八幡製鐵所修繕工場*、八幡製鐵所旧鍛冶工場)福岡県北九州市
遠賀川水源地ポンプ室福岡県中間市

世界遺産登録基準はコチラ↓↓

(ii)
建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値観の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。

(iv)
歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。

日本ユネスコ協会連盟 ホームページ

軍艦島(端島)とは

数ある構成資産の中でも、
とても興味をそそる炭鉱の島
”端島”別名”軍艦島”

長崎県長崎市の旧高島町に存在します。

石炭がエネルギー源だった
明治・大正・昭和初期の時代、
軍艦島では豊富な石炭がとれ、

人が住むほどになりました。

しかし島の面積はなんと
6.5ha!端から端まで1.2km
とんでもなく小さな島でした。

何回も海を埋め立て、
土地を広げましたが、そのサイズ。

それでもその島には、
多くの考えられない施設が
存在しました。

・小・中学校
・病院
・神社
・鉄筋コンクリートの7階建てアパート
・市場
・映画館
・銭湯
・遊郭

全盛期には約5,300人が
住んでいたと言われています。

なぜそんなに栄えたのか、
それはやはり石炭が採れたから
それに尽きます。

海底から取れる石炭は、
海底約600mまでに至ったとされています。

1921年大正10年に、

長崎日日新聞が軍艦土佐に島が似ている
と紹介したところ、反響が大きく、
それから軍艦島と呼ばれるようになりました。

当時の島民が綴る軍艦島の記録です↓↓

軍艦島の歴史

1810年
長崎から西の島に
石炭が発見されました。
1890年代
経営が三菱社になり、
本格的な採炭が行われ、
人が住むようになります。
1918年
本島からの海底ケーブルがひかれ、
電力の供給が完全に行われました。
1931年
第6回目の埋め立てが行われ、
現在の面積となりました。

その後台風や火災などの災害にも
遭いながらも、ニュースや映画、

CMのメディアに取り上げられ、
一躍軍艦島は有名となっていったのです。

1974年
日本の主要エネルギーが
石炭から石油に代わり、

炭鉱の需要がなくなり、
軍艦島の住民は島を離れることを
予期なくされ、閉山となりました。

閉山までの採れた石炭は
約1,570万トンだったそうで、
とんでもない数字ですね。

軍艦島の魅力は、
それだけ狭い島にもかかわらず、
都市として成り立っていた事、

経済的格差もあり、老若男女が住み、
一つの社会であった事が、
憧れる理由なのでしょう。

軍艦島ツアー

ヤマサ海運株式会社

軍艦島上陸周遊クルーズ

運航:

<1便>  9:00  長崎港出港
9:30頃 上陸+見学 
10:30頃 離岸 
11:30 長崎港到着

<2便> 13:00 長崎港出港
13:30 頃上陸+見学
14:30頃 離岸
15:30 長崎港到着

料金:

大人 4,200円+上陸料 310円
中・高生 4,200円+上陸料 310円
小学生 2,100円+上陸料 150円

※早く予約すれば
最大800円割引のお得な早割あり。

※軍艦島上陸承諾書・誓約書を
書く必要がありますので、
あらかじめダウンロードして印刷しておきましょう。

長崎港からの船は基本結構揺れます。
酔い止めを飲んでから行った方が
身のためです。

私が海外旅行や船を乗る時に愛用している
トラベルミン、即効性が半端ないです。
オススメです↓↓

やまさ海運予約サイト

まとめ

明治日本の産業革命遺産について、
23の構成資産で成り立っている事、
軍艦島の歴史がわかりました。

当時の近代文化であった軍艦島、
まさに日本人のロマンの心を掴む
画期的な島だったのは、
言うまでもないですね。

有意義な九州の旅にしましょう。↓↓

ポイント

・明治日本の産業革命遺産の
 23つの構成資産

 8つの県に広がる
 明治の高度成長期を支えた
 23つの資産

・軍艦島(端島)とは
 石炭が豊富に採れた島で、
 その島はいつしか人が住むほどの
 経済力を誇った。

・軍艦島の歴史
 1810年から1974年までの
 100年以上の歴史が
 軍艦島にはあります。

・軍艦島ツアーについて
 1日2便、上陸1時間、
 4,200円+αで行ける
 軍艦島の旅へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。