ゲストハウスを建てよう!!2店舗目を建てるまでの軌跡〜6日目〜

新潟県新潟市古町にある「ゲストハウスくく」を経営している私JPですが、
1店舗目ゲストハウスくくを始めて約2年となりました。

日々増加していくコロナ感染者で減少していく顧客数。
それにもかかわらず少しずつ増えてきた常連の皆様。

感謝感激雨霰な日々で2022年1月より発生し3月初旬まで続いたマンボウも解け、
県外からの宿泊の方も徐々に増えつつあります。

まだまだコロナも明けませんが、そろそろ3年目を迎える新潟のゲストハウス生活。

私
「そろそろ動く時では?」

そう思ったら行動しないと気が済まない筆者。
ドキドキとハラハラの間で軽い足をソッと関東に伸ばしてみようかな….と。

そうです!!

2店舗目出店します!!

6日目

朝起きたらそれはまだ始発が行くか行かないかくらいの時間帯5時くらいだった。
こんな時間に起きたのは何年ぶりだろう。。。

と思ったが1年前に屋久島に行った時は3時半起きという人生で4回くらいしか訪れないであろう
早起きをしていたのを思い出した。

長岡駅から新潟駅までは1時間30分くらいの時間で帰れる鈍行の電車が存在する。

ゲストハウスくく

新潟駅に着くとそれはとてもとても見慣れて景色で、
まさに帰ってきたな、と同時に帰ってきてしまったなという気持ちになった。

このままいい物件がタイミングよく見つかってあわよくば帰ってこないことも
想像していた自分に少し落胆する。

しかし故郷であり今自分のお店を構える古町はとても落ち着く空間。

新潟駅に置いてあったロードバイクに乗り朝の少し寒い中10分ほど足を回す。
到着したゲストハウスはなんだか久しぶりに見て大学時代県外に行ってたまに帰る
実家のようだった。

その日は日曜日だったが、
前日土曜日はあのジャニーズ様のsix stonesのライブがあったそうでほぼ満室だった。
そんな中、兄とボランティアの女性が手伝ってくれたおかげでお店は回っていたらしい。

ゲストハウスをはどこもそうなのか、常連となった人が異常なほどに手伝ってくれる。
居心地の問題か、そういう人が集まるのか。。

朝の6時くらいなのでまだお客様が就寝中であり、まだお部屋の手出しはできない。
ひとまず仮眠を取ることにした。

起きたら12時だったのはあまり言いたくない。

気付いて2階に上がると、掃除は終わり全て綺麗な状態になっていた。
昼営業はいつも12時から始める予定が、今日は14時からとした。

結局あまり人は来なかったが、晴れた日曜日の外には結構な人出があった。

泊まっていたお客様で、横浜から来たという
コスプレ芸能系の会社のキレイな社長様とお話をして、昼間は過ぎた。

明日からは物件探しは少し休憩となる。

次は佐渡に行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。