抜毛を防ぐフィナステリドとは?発毛の最強の組み合わせ紹介

2020年、日本の人口約1億2,600万人中、

AGAに悩む男性は約1,300万人と言われています。

人口の10%が薄毛に悩んでいます。

私もその中のひとりです。

そんな薄毛に悩む男性に朗報です。

薄毛は改善できる時代になりました。

この記事では、

AGA治療で高額を支払わなくても、

薄毛を改善できる確実な方法を紹介します。

この方法なら1年後あなたは薄毛改善は可能なんだと

実感するはずです。

目次・脱毛抑止効果のあるフィナステリドとは
・服用頻度は?
・最強の組み合わせ紹介
・服用したら効果がある?
・副作用は?

脱毛を防ぐフィナステリドとは

まず、抜け毛予防対策はフィナステリドという成分を

服用することが絶対です。

そして発毛するにはミノキシジルという成分が

必要です。

抜け毛予防 フィナステリド配合
発毛効果  ミノキシジル配合

フィナステリドの説明

抜毛はホルモンバランスの結合によって生じます。

その抜毛にフィナステリドが

どのような効果をもたらすのか、

わかりやすく説明します。

まずこの絵を見てください。↓↓

登場人物

肉食系男子
男性ホルモン テストステロン
男性の機能や筋肉を生成するホルモン

旅行好き女子
全身に巡る酵素(頭部集中)
5αリダクターゼ

ハゲるマン
抜け毛ホルモン
DHT(ジヒドロテストステロン)

DHTとは

毛の周期は基本2~6年でじっくり育っていかなくてはいけないが、

数ヶ月〜1年と大幅に短縮させて、髪がたくさん抜け落ちていく

サイクルを作ってしまうホルモンです

肉食男子と旅行好き女子が

結合すると、抜け毛ホルモンの

ハゲるマンが生まれてしまうのです。

フィナステリドを服用の効果は、

旅行好き女子(5αリダクターゼ)を抑制します。

そうすることによって

肉食系男子(テストステロン)と
旅行好き女子(5αリダクターゼ)

が結合しない為、

ハゲるマン(DHT)が発生しないので、

脱毛しないということになります。

フィナステリドの商品で

「フィナロイド」「プロペシア」があります。

フィナロイドとプロペシアは同じ成分で

プロペシアはジェネリック薬品の為、安価です。

なぜ安価なのかは、

先発薬品(フィナロイド)のおかげで研究開発費が

抑えられた為安くなっています。

先発薬品販売から10~15年は

後発薬品(ジェネリック薬品)

は販売禁止とされているので、

フィナロイド販売から10年以上が経っている

という事ですね。

2020年7月現在は、プロペシアの他にも

多くのフィナステリド配合のジェネリック薬品が

販売されていますがオススメはやはり

「フィナロイド」と「プロペシア」です。

服用頻度は?

1日1錠服用してください。

1週間や1ヶ月で効果が現れる事は稀です。

最低6ヶ月は毎日服用しましょう。

飲むべき時間帯は特に定められていませんので、

毎日飲み忘れがないよう服用しましょう。

最強の組み合わせ

抜け毛なく、発毛する環境になれば

何も悩むことがなくなりますよね。

その最強の組み合わせをご紹介しましょう。

最強の組み合わせ・抜け毛予防フィナステリド
(プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg 【1箱100錠】)

・ミノキシジル塗布型発毛剤
(スカルプD メディカルミノキ)

フィナステリド配合の薬品購入なら、

日本最安値「オオサカ堂」がオススメです。↓↓
プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg 【1箱100錠】
を選びましょう。

300日分で7,000円です。

「オオサカ堂」

発毛効果を促進させるなら スカルプD メディカルミノキを使用しましょう
私も使用しています↓↓

1本7,800円と高額ですが、
1本で1ヶ月半くらい使えます。

医学品の為、医師の判断が必要な薬です。

ネット購入時には、アンケート形式で

医師からの確認メールがありますので、

しっかり確認しましょう。

服用したら効果がある?

服用を続ければ、効果があります。

ただ、毎日飲み続けることが大切です。

効果が現れる期間は、平均で約6ヶ月です。

半年間毎日飲み続けられない場合は

意味がありません。

本気で抜け毛に悩むなら、

1日も欠かさず服用しましょう。

副作用

男性機能障害や肝臓に負担がかかる

などの副作用の例がありますが、

フィナステリドの副作用は100人服用したら1人以下

で生じるくらいの安全な薬です。

副作用を気にして購入をやめる事は必要ないです。

ただ、体質や持病によって副作用が

作用するリスクもありますので、

用法容量を守って服用するようにしましょう。

また、女性は妊娠時に影響が生じたり、

赤ちゃんに害が及ぶ可能性があるということで、

服用も触れるのも禁止とされています。

まとめ

抜け毛や薄毛で悩んでいる男性には

朗報だったと思います。

AGA治療に病院へ行くのは何となく気が引けるし、

ちょっと恥ずかしいと思い対策できていない方も

多いのではないでしょうか。

薄毛・抜毛は早めに対策したほうが絶対に良いです。

全ての毛が抜け落ちてからの治療では

時間とお金がかかります。

今すぐフィナステリド+ミノキシジル最強タッグで食い止めましょう。

ポイント・脱毛抑止効果のあるフィナステリドとは
 脱毛ホルモンを生成させないようにする薬

・服用頻度は?
 1日1錠絶対服用してください

・最強の組み合わせ紹介
 ■フィナロイド(抜毛改善薬)
 ■スカルプD ミノキ(発毛効果薬)

・服用したら効果がある?
 半年間服用すれば効果が現れます。

・副作用は?
 1/100の確率で副作用がありますが、
 とても安全な薬。
 女性の服用は禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。