コロナは本当に危険なの?真実を知るべき日本人

中国の武漢で発祥し世界的に感染が拡大した
新型コロナウィルスですが、
現在毎日”感染者数”の報道がされています。

その報道は日本国民にとって有益な情報か、
ただ”感染者数”だけを見て不安を煽る報道が
多々あると思います。

自分で情報を収集し、
正しい知識を身につけましょう。

ゲストハウスを経営している私としても、
新型コロナウィルスの被害はとても感じています。

今世間を騒がしているこの報道は
本当に全て真実なのかと疑問に思い、

私なりに調べた結果を記事にしましたので、
新型コロナウィルスの実情を見ていきましょう。

新型コロナウィルスは本当に危険?!

まず、新型コロナウィルスの語源

コロナはギリシャ語で「王冠」です。
ウィルスの形状が王冠のようであるから
”コロナ”と名付けられました。

世界を震撼させたまさにウィルスの
王様とでもいうべき名前で
なんとも皮肉なものです。

そんなコロナウィルスですが、
本当に危険でそこまで注意しなければいけない
ウィルスなのか、順を追って説明していきます。

濃厚接触者の定義

初めテレビを見た時に”濃厚接触者”と報道された時、

私
え。。まじ。。
と思いました。

コロナ流行初期は
その言葉の定義が確立していなかったので、
不審に思った方もいると思いますが、

現在は正式な定義が記載されていますので、
再度確認し、
キープディスタンスの意味を理解しましょう。

濃厚接触1.距離の近さ : 1m程度以内
2.時間の長さ : 15分以上

条件として、以下の項目も濃厚接触として
定義されるようです。

①予防策をせずに手で触れる事
②対面で15分以上話す事

テレビや報道などでは、
1.5mの距離を置いてキープディスタンス
と言っていますが、

1m程度以内と定義されているので、
おおよそと言ったところでしょうか。

お互いマスクをして、
1m以上離れて会話を15分間しても
濃厚接触者とは定義されない
ということになります。

重症患者はサイトカインストームを起こす

コロナウィルスでの患者の軽症者の割合は約80%
他の20%が重症化してしまうとのデータがあります。

その重症化してしまう患者の
原因はなんなのでしょう。

それが、サイトカインストームです。

人間の体はウィルスを排除しようと体内で発生する
サイトカインと言われる免疫細胞の活性化や、
機能抑制を高めるタンパク質が生成されます。

しかしそのサイトカインが多量に分泌され、
制御不能となり、他臓器に影響を与え、
生命の維持ができなくなってしまう。

これがサイトカインストームです。

これに関しては、免疫力が低い人(主に高齢者の方)
に多く見られるケースの為、免疫力を高める行動が
予防として必要です。

どうやって感染する?

厚生労働省のホームページでは、

一般的には飛沫感染、
接触感染で感染します。
閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、
咳やくしゃみなどの症状がなくても
感染を拡大させるリスクがあるとされています。

と記載されていますが、
実際コロナウィルスを
少しでも体内に取り込んでしまったら
絶対感染してしまうという誤認識をしていませんか?

一瞬でもコロナウィルスを吸ってしまったら
感染してしまうのであれば、
おそらく今の何倍もの感染者が出ているでしょう。

風邪と同様、免疫力の強い人は症状が出ない場合が
ありますので、日々の自分の免疫力向上に取り組みましょう。

一方、重度に陥ってしまう人の場合、
おおよそ感染後7日~10日を過ぎると
感染性は急激に低下しますが、

持病をお持ちの方や免疫力の弱い方は
サイトカインストームの症状を
誘発させてしまうリスクがあります。

5~7日を過ぎた辺りから症状が急速に悪化し、
肺炎になるケースがほとんどとの事です。

厚生労働省ホームページ

ここまでを見ると、コロナウィルスはとても恐ろしい
ものだと思うかもしれませんが、

死者数や感染者数を他のウィルスと比べてみました。
そうするとなぜこんなに毎日報道されているのかが
若干疑問思えてきます。

死者数と感染者数他ウィルス比較

感染者数の概念
・検査結果で陽性であった人の数

新型コロナウィルス(2020年現在) ↓↓

感染者数死者数
日本6万人1,175人
世界2267万人79万人

インフルエンザ(毎年)↓↓

感染者数死者数
日本1200万人3,000人
世界世界人口の10~20%20万~50万人

スペイン風邪(1918~1919年)↓↓

感染者数死者数
日本2380万人39万人
世界5億人1700万人~1億人

スペイン風邪は史上最悪と言われる感染症を記録し、
当時の世界の人口の1/4の5億人が感染
コロナを遥かに凌ぐサイトカインストームでの
死亡率が高かったと言われています。

この数字を見ると、なぜここまで騒がれているのかが
疑問に思えてきませんか?

インフルエンザの1/3の死亡者数です。
インフルエンザの方が強力です。
どう考えますか?

豆知識
日本のコロナでの死亡率の年齢平均
79.3歳

参考サイト一覧
国立感染症研究所感染症情報センター新型インフルエンザの対応
おきのメディカルクリニック
新型コロナ死者30万人突破、過去のパンデミックの歴史と比較 …
NIID国立感染症研究所
東京都健康安全研究センター日本におけるスペインかぜの精密分析

正しい情報を取り入れる重要さ

これまでのデータや情報は厚生労働省や
正式なサイトの情報です。

自分で調べる事をしないで、
表面的な感染数増加だけに囚われてはいないですか?

インフルエンザより
感染者も死亡者も少ないウィルスなのに、
なぜ県を跨ぐ旅行は自粛してください
と政府の方は言うのでしょう。

それは、誇張された情報を流すマスコミを
信じ切った私たちが“怖いから”
なのでは無いでしょうか。

また、国民の支持を得る為に
コロナで自粛してくださいと発言する事が
今パニックが起きている人間の為
だと思っているからではないでしょうか。

感染を防ぐことはもちろん必要ですし、
忖度マスクも必要かもしれません。

しかし、1番重要なことは自らの免疫力を上げ、
ウィルスに負けない体を作ること
では無いでしょうか。

コロナに振り回される世界を
変えていくのは自分自身です。

しっかりと正しい情報を取り入れて、
全てを疑いながら情報収集をする事をお勧めします。

そんなパニックの人たちの為に現在政府は、

・ワクチンの研究開発の加速化(500億円)
・ワクチンを可能な接種体制整備(1,455億円)

の固定予算をあげています。

ワクチン完成を待つのだけではなく、
それまでも、それからも同じようにウィルス対策が
できれば問題ないのです。

まとめ

新型コロナウィルスは本当に危険かどうか
というところにせまって行きましたが、
どうだったでしょうか。

私は単に世界がパニックになっているだけだと
思っています。

ブラジル大統領がコロナはちょっとした風邪
と発言していたのも、

経済活動を優先する取り組みに注視したのだと
思います。決して全否定できる問題ではありません。

コロナではなく、
人が問題を大きくしているのは事実です。
感染者に対する誹謗中傷などが
後を絶たないと言われています。

1番改善しないといけないのは、
報道に操られ洗脳されている
一人一人の考え方の改革ではないのでしょうか。

今後世界が無事に落ち着く事を祈り、
この記事を書かせて頂きました。

伝えたかった事
・コロナを知ろう
・免疫力を上げよう
・正しい情報を知ろう
・落ち着いて考えよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。