100記事記念ゲストハウスオススメ漫画紹介10選!!

本ブログ「jun-payblog(ジュンペイブログ)が
とうとう100記事目を迎えました。

世界遺産のことやジブリ
筋トレ関係の事について多く書いてきました。

多くの方に見て頂き大変嬉しく思います。

今回は100記事目ということで、
わがゲストハウスにあるオススメの漫画本
10種類ご紹介したいと思います。

懐かしいと思う人も初めて知ったという人も
いると思いますが、堪能あれ♩

新潟のゲストハウスくくにくればいつでも読めますよ。

新潟古町にあるゲストハウスくく↓↓
ゲストハウスくく ホームページ

早速行ってみましょー
(筆者の感覚で感想を書くので、
分かりずらかったりしたら申し訳ありません。)

よつばと

作者:あずまきよひこ
出版:KADOKAWA
連載:2003年~連載中(最新14巻)

ホームコメディ漫画
めちゃめちゃ可愛い5歳の

緑髪の外人の”よつば”の
日常を描いています。

誰にでも話しかける陽気な性格の
よつばが周りを巻き込んでいく

とってもとってもほっこりする
日常を描いた漫画

よつばのとーちゃんが外国で
拾ってきたという事実しかまだわからない

ミステリアスな部分も今後見ものです。

とにかく癒される漫画です。
癒されたい時にこの漫画を見ましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】よつばと!(1-14巻 最新刊) 全巻セット
価格:9295円(税込、送料別) (2021/2/1時点)

楽天で購入

 

 

ダンジョン飯

作者:九井諒子
出版:KADOKAWA
連載:2014年~連載中(最新9巻)

ダンジョンに出ている
戦士たちが倒したモンスター達を

上手に調理して食べていく物語を
綴る漫画です。

8割ポップで2割シリアスなアドベンチャー作品。
のような感じ。

主要メンツのライオスの天然ぶりが結構ツボです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】ダンジョン飯 (1-9巻 最新刊) 全巻セット
価格:6270円(税込、送料別) (2021/2/1時点)

楽天で購入

 

 

僕だけがいない街

作者:三部けい
出版:KADOKAWA
連載:2012年~2016年(全9巻)

再上映(リバイバル)と言われるタイムリープが
主人公悟(サトル)を襲い、
問題を解決していく物語。

過去の忌まわしき幼児殺人事件を
解決するホラーサスペンス系の漫画です。

ドクン!!と不意に訪れるリバイバルは
漫画の中だけども臨場感が凄まじいこの作品は、
時間を忘れて読破してしまうでしょう。

親子愛にも泣かされます。

 

H2

作者:あだち充
出版:小学館
連載:1992年~1999年(全32巻)

野球漫画の王道と言われる作品です。

中学時代関東大会3連続制覇した

化物ピッチャー国見比呂(くにみひろ)
怪物バッター橘英雄(たちばなひでお)

ヒーロー2人(H2)が高校生となって
他のチームとなり甲子園で幼なじみ怪物勝負
を成し遂げるまでの3年間を描いています。

この漫画を見ずにあだち充は語れない。
そんな漫画だと思っています。

個人的には2人の恋仲になる
古賀はるかと雨宮ひかりの美人すぎる
2人からも目は離せません。

 

いつも美空

作者:あだち充
出版:小学館
連載:2000年~2001年(全5巻)

10歳のある神社で6人の子供達が
流れ弾の花火と共に、不思議な光に包まれた。

13歳の誕生日を境に超能力が与えられる。
そう神様らしきおじいちゃんに言われる。

主人公 坂上美空に与えられた能力は

ものを5cm動かせる能力。
3回使うと一定時間眠ってしまう。

….なんとも不思議な能力。

6人の超能力は
・物動かす
・予知能力
・ナビ能力
・金属探知機
・結婚相手予知
・瞬間移動

6人の超能力が、
未来を変えていくストーリー。

あだち充作品としては異例の
“超能力”を使ったSF系の作品。

5巻完結型なので、サラッと読めて気分転換になります。

 

のだめカンタービレ

作者:二ノ宮知子
出版:講談社
連載:2001年~2010年(全25巻)

この作品はドラマや映画にもなっているので、
説明はいらないでしょう。

超ド天然の天才ピアニストののだめこと野田恵と、
天才音楽家の千秋真一の恋と日常を描いた作品。

急な現実離れしたタッチや、
千秋先輩のツンデレ具合、
のだめの天然の癒し….

この作品も1日で読破してしまいました!!
日常系が筆者はおそらく好きなのです。笑

 

荒川アンダーザブリッジ

作者:中村光
出版:スクウェア・エニックス
連載:2004年~2015年(全15巻)

荒川の河川敷が舞台のギャグ漫画です。

主人公 市ノ宮 行(いちのみや こう)通称リクが、
橋で急にエキセントリックな少年たちに

ズボンを脱がされ打ちひしがれるシュールな
シーンから始まるこの漫画。

・金星美人のニノ
・河童の村長
・星

などなど、様々な電波系人種が集まる
荒川の橋の下で起こる非日常の出来事は
常にギャグで、

この漫画を見たら抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)
は間違いなしでしょう。

アニメやドラマ、映画にもなっている大ヒット作品
なので、一度は見ておく価値はありありです!

 

聖☆おにいさん

作者:中村光
出版:講談社
連載:2006年~連載中(最新18巻)

荒川アンダーザブリッジの作者
中村光さんが描いた作品の一つです。

仏教の祖であるブッダと
キリスト教の祖 イエス・キリスト
が現代にきてアパートで2人で暮らし、
その日常を描いた漫画。

この作品も同様に終始ギャグです。

何にも考えずに読める漫画として
中村光さんの作品はオススメです。

 

幽遊白書

作者:冨樫義博
出版:集英社
連載:1990年~1994年

ハンター×ハンターを手がける
冨樫義博の初期大ヒット作品です。

不良高校生だった浦飯幽助(うらめしゆうすけ)が
不慮の事故で死亡し、魂だけ魔界に送られ、
魔界で死闘を繰り広げる戦闘漫画です。

冨樫巨匠ならではの狡猾な言い回しや
ストーリー性はハンター✖️ハンターの
先駆けとなる作品だと誰しもが納得する作品です。

「霊ガン!」

打ってみたいものです。

 

新世紀エヴァンゲリオン

作者:貞本義行
出版:KADOKAWA
連載:2014年(全14巻)

日本のアニメ界の王道エヴァンゲリオンです。
至る所で見ることがあるこのエヴァンゲリオン。

災害により人口の半分が失われた世界に、
謎の敵「使徒」が現れます。

戦う人間は兵器「エヴァンゲリオン」
で立ち向かいます。

主人公の心優しい碇シンジは、

戦いたくないという気持ちや、
戦友が死んでいく様を見る辛さがあり、

それと葛藤しそれでも立ち向かっていく、
そんなSF漫画になっています。

主人公 : 碇シンジ
14歳の水色の少女 : 綾波レイ
14歳のオレンジ髪の少女 : 惣流・アスカ・ラングレー
15歳の白髪の使徒の少年 : 渚カヲル

TVシリーズや劇場版でも取り上げられている、
国民的アニメとしても有名なので、
見ていないという人は一度コミックで読んでおくのを
オススメします。

 

まとめ

どの作品も名作と言われる漫画です。

笑いと感動、緊張と臨場感、
様々な感情がこのオススメ漫画集を
読めば体感できます。

是非読んでみませんか。

ここに来ればこの作品集はいつでも読めます!!↓↓
新潟県古町にあるゲストハウスくく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。